元気回復Willマット愛用者の声

002.png

t20.png

愛用者、河村さんへインタビュー

息子さんは中学2年生。
サッカーをしていますが、疲れがとれないと悩んでいました。

河村さん1.png薮崎 : 今から元気回復マットの感想をお伺いしたいと思います。よろしくお願いします。

河村さん  : よろしくお願いします。

さっそくなんですけども、元気回復マットwillを買われる前は、どんなことで悩んでましたか??

そうですね・・息子ですね、今度中学2年になるんですけども、姿勢が悪いっていうのと、寝ても『疲れた。』って言うのですね。起きてきてすぐに『疲れた、疲れた。』って言うんですね。もう一晩寝たのに、寝たじゃん!ってはなしに夜なるんですけど。
朝はとにかく『疲れた。』って言って、『え???』ってなっちゃって、朝から、『1日の始まりから疲れたんじゃ困るね。』って言って、それが口癖のようになってたんで、ちょっと中学2年の割には小柄なタイプだったから、成長もちょっと遅い子だったんでね、まぁそういう点も関係あるのかな?と思ってあんまり、気にしてないって訳じゃなかったけど、特にどうしようって訳じゃなかったんですけどね。そうゆうとこで、ちょっと悩んではいたんですけどね。そうゆう感じでしたけどね。

やっぱり息子さんの悩みが多かったってことですね。

そうですね。自分も姿勢があまり良くなかったものですからね、気にはしてたんですけどね、とにかく息子の方がもう、1番今元気でいてほしい時期なのに、とにかく『疲れた。疲れた。』って言う感じだったんでね。

毎日ですか???

そうですね。毎日でしたね。
だからまぁ、一生懸命頑張って1日過ごしたんだな~っていう風に思ってはいたんですけどね。でもそれが朝だと、やっぱり気になってしまう。
学校から帰ってきて『はぁ~疲れた~。』だったら『あ~頑張ったね~。』で終わるんだけど、でも朝起きていきなり『疲れた~。』だと、これから1日大丈夫かな~?っていうのがすごくあって。それこそスポーツ、サッカー部やってたから、サッカーで『今日試合だよ!』って言うと『う~ん。』って感じで。ちょっと色々試合に出させてもらったりとかしてたもんだから、余計にスゴイ心配になってきて、『大丈夫?』って言ったら『ううん。無理無理。』とか言って。でも無理だけどやっぱやらなきゃならない、手を抜く事もできないし。
ちょっと食欲の方も、『もういらない。』って。親として『食べないと!』って言うんだけど、『無理だからもういいよ。』っていう感じになって、また余計に疲れがたまってく。悪循環がずっと続いちゃって、夏マットに出会うまでは、ずっとそんな感じで夏越してましたね。

この前ね、ちらっとお話し聞いたら、小学校の時はカラダがやっぱ疲れやすかったそうですが、去年の冬ごろはどうでしたか?

そうですね。だいたい1週間に1回ぐらいは、休まないと、そこで風邪をひいてる訳でも、熱があるわけでもないんだけど、もう疲れて起きてこれないからって事で、『じゃぁもうやすみなさい。』って言ってゆう感じで休みをとって。で、回復して、まぁリカバリーして、それでまた1週間学校に行って、また平日やっぱ『疲れた~。』ってなると1日休む。2週間に1回、ひどい時は1週間に1回ペースで休まないと、学校生活続けていけない状態ではあったですよね。

その6年生の時はそうだけど、5年生とか4年生の時もそんな感じ?

そうですね。もうほんとにそうゆう感じで。でももうそれがずーっとだったから、『あ、この子はそうじゃないと無理なんだな。』って。もうこっちもそのつもりで、『この子のペースなんだな。』って思っちゃったんですよね。
『そうゆう1日何にもしない、ゆっくり出来る日が必要な子なんだこの子は』って。
だからまぁ、そんなにガツガツやってもと思って、じゃぁゆっくり休んで次からまた頑張ればいいよっつってゆう感じで、ちょっと元々カラダの弱い子だったもんだからね、そうゆう感じではいたんですけどね。

何月ぐらいから寝たんでしたっけ?11月ぐらいでしたっけ?

そうです。11月ですね。
それで寝てから、初めの頃はね姿勢の問題で痛がっていた。痛かったんですよねやっぱり。今までのマットとは全然違うから。なんか痛い。すごい背中が痛い。もう日々言いはじめて『痛いんだけど。痛いんだけど。』って言ってるうちに、言わなくなったんですよね。
私もなんかそれはいいって言ってるから、今までちゃんとしてなかった所を、曲がってたところがまっすぐなってったんだよ。って聞いてるから、ちょっと頑張ってみよう・・痛くても・・って言ってるうちに自然とその言葉が消えていって・・あれ?あたしも気にしなくなっちゃって。最初はもうすごい言ったんですね。寝て『痛いんだけど』寝て『痛いんだけど』って。いや困ったな~と思って、でも聞いてたから、いいことなんだって、痛くなることは。それだけ曲がってたんだっていう事なんだよ。っていうことで、ちょっと頑張って寝てみようって言って寝て。
それからですね、その痛みがなくなってからかな。やっぱり朝起きてきて『疲れた・・』ってことがなくなって、コッチもそれが自然だったから、気にもしてなかったんですね最初の頃。

別にないこともあることも別に気にしてなかった、みたいな。

河村さん2.pngそう!それでふっと気が付くと、あれ?なんて2人で言って。『この頃疲れたって言わないね。』『ん??そうだねぇ。』って。

うんうんうん。ご本人も?

そう。息子の方も言いはじめて、『だよね!!』って言って、『う~ん。』ってはなしになって『なんで??』って。『変わったことって言えばマットだよね。』とか言って。『ビックリだね。』って言って、そのうちにちょっと余裕も出てきたのか、ボソって言ったのが『前は試合2試合やったらバカ疲れたけど、このごろはサッカーの試合2試合やっても余裕なんだよね。』みたいな。『え!もう終わりなの??』みたいな感じなことを言いはじめたりしてきてはいたもんだから、『あ~スゴイね~。』とか言って。だから今はもう、(マットが)ないとやれないんじゃないかなってゆう。それが普通になっちゃったから、良さとかもちょっと。前ほど急激なのはないからあれなんだけど。

ず~っと痛かったら嫌だし、変化があってもあれだけども。

そうゆう点では、今はそれが普通の状態になってきちゃって。

う~ん。そうですか。で、どうですか?この冬の間は。

それこそ、ほんと毎年風邪ひいて、インフルエンザにも生まれた時からなって、毎年毎年またかよ!またかよ!っていって。本人もすごいもうなってたから、『いやこの熱はインフルエンザじゃない。』とかって変な・・

自信?自分で判断できる自信ね。

そう。『これはインフルエンザだから。』とかってもうわかり始めるくらいのプロで。
そして今年、それこそ学校では学級閉鎖とかにもなったんだけど、なんにもならなくて風邪もひかなかった
インフルエンザはもちろんならないし。周りがなってるから、『絶対なるね。』って。で、注射も打たなかったんですよ。病院の先生はもう『毎年なるからいっか。』とか言われちゃって。『ですね。』ってわたしも。注射打つよりも、診察の方が安いよなんて。注射毎年もったいなかったよね~って話になっちゃうからいつも。
だもんで『い~か~』とか言って、『まぁ受験じゃないしね。』って言ってて。
ちょっと恐々いたんだけど、『絶対なるなこれは。注射もしてないし。絶対くるよこの子。』と思ってたら、何にもならずに。風邪もひかずに。
いつ頃からかな、体温が35℃台だったんですね。小学校の時。それだったから、36.5℃だともう『フーフー』しちゃう子だった。それがいつ頃からかな?上がってきて体温が。今は36.5なんですよ平熱が。

へーーーー!!

だから37℃くらいだとまだ平気なんだよね。まぁ『学校の先生は37℃あったら微熱だから休めっていうけど、俺元気なんだよ。休んでいいのかな?』『行って。』ってわたし言うんだけど。『でも37℃じゃきちゃいけないって言われてる。』『いや、行って。いいよ。元気でしょ。』『37℃あるよ。』『うん。大丈夫!!』

そうですね子供は。

だからスゴイ体温も変わってきて、熱がない時でも、ちょっと計ってみようよ!って言って、36.7でも全然元気なんですよ。体温が上がってきたから。前はもう35℃台だったから。
36.7℃になってたらもう『フーフー』言っちゃって、ってか『フーフー』ってゆうかもう疲れちゃうんだよね。
でも普通だったら平熱なんだけど、普通の自分の体温が低すぎちゃってたから元々が。その点でも全然変わってきて、体温が高くなっちゃって。

今低体温の子が多いんですよね??

ね、そうやって聞くからね。ずっとそうだったんですよ。
だから36.5℃だと、『フーフー』言って、37℃じゃもうあの子にとっては高熱。

ですよね。2℃ぐらい高いんですもんね。

そう。高熱なんです。一般常識で『37℃くらいじゃん!』ってあたしなんかは思っちゃうんだけど、彼にとってはもう・・・。でも今は37℃くらいあっても、元気だし。
体温が上がってきちゃって。

う~んスゴイですね~。良かったですね~ほんとに。

悪いとこだらけだったんだね。

いやほんとにこう、奥の方から芯の方から、もともと持ってる元気が出てきたんでしょうね。

若いからね。

そうですよ。早いですよ。まだ5ヶ月くらいですけど。(マットを使いだしてから)

そう。そうゆう点ではね、すごい助かってますけどね。ほんとにあとは何もしてないんですよ。

前に私たちがこうゆうのを使って施術してますってことで、お話をすすめさせてもらう前の寝具のイメージとゆうのはなにかありました??

なんか低反発とかゆうのが前に流行ってたってゆうか、『いいんだよ~。』とか。わたしも寝具屋さんに行って、『お~!!』とか。
『気持ちいねコレ。』って言って。こうゆうのがいいのかな??なんて。硬くないやつね。が、いいのかな?って思ってはいたんですけどね。

あ、いたんですね。

そうゆうふうなのが、カラダにフィットして良いのかなって。自分の体形になるわけですよね元々の。
だからそうゆうものの方が寝やすいのかな?って。

それまではどんな布団で寝てたんですか??

もう普通の。でもねそんな低反発にはしてなかったんですよ私は。

綿の布団みたいな感じの。

そうそうそう。でもマット知っちゃってから・・

ヤバイなと思うってことですね。

今までは全然感じなかったんだけど、『沈む感』がなかったんだけど、『コレが普通だ』って思ってたんだけど、マット知っちゃってからは、『なんで沈んじゃうんだろう・・』

でも柔らかい方がいいんじゃないかって思ってたところに、この硬いの勧められた時の感想とか覚えてます??

なんか『痛くないのかな?』って。

あ~こんな硬くて。

そうそうそう。『床に寝てる感』だったから『え、大丈夫なのかな?』床に寝ると痛っっいんですよね。ちょっと寝方悪いと凝りますよね。

凝りますね。はい。

だから『え??』とは思ったんだけど。
でも床と、施術してもらってる時の気持ち良さが違うんだよね。同じ硬さでも。

なるほど。それでコレなら大丈夫かな?って思ったってことですか??

そうですね。

なにがきっかけ?決めよう!これを買おう!と思ったきっかけは?

息子が寝るんですよ。

あ、治療に来るとね。スゴイ寝ますよね。

ビックリしちゃって、寝るんだ!と思って。まぁ疲れてるって言っても、部活がない日に来てるから、そんな疲れてはいないと思うんだけど、私の横で必ず寝ちゃってるんだよね。それを見て『あ!いいんだこの子!身体が欲しがってるんだな。』っていうのが。
『あ、寝るってことは安心してるんだよね』って。すぐ眠っちゃってたよね。
えってゆう感じで起こされるのがあって、あ、寝ちゃうんだこのマットだと。って思って。そうゆうのはありましたよね。

なるほどそうですよね。実際に体感して、子供が体感してるのを見て、コレなら大丈夫だっていう風に思ったってことですよね。

そうですね。嫌だったらもうすぐ降りてね、イスで待ってると思うんですよ、子供なんか素直だから。それが寝てていいよって言ったらもう寝てる状態。

グーグー言って寝てましたよね。

そうそう。『あ、気持ちいいんだねぇ。』って。

確かに子供は素直ですよね。

うん。『気持ちよさそうに寝てるなぁ。』と思いながら見てたからね最初は。


そうかそうか。買う時、決める時のイメージってあるじゃないですか。こうゆう結果が得られるんじゃないかって何かしらの期待を持って買いますよね。その時のイメージってどんなんでした???

「姿勢が悪いのは寝てれば治るよ」ってまず言われたのと、私は体操しないと無理なのかなってけっこうしたんだけど、自分は出来ても子供はやらないんですよ。だから姿勢がとりあえず良くなるんだったら、寝て良くなるんだったら、ってゆうのが1番ですよね。「やんなさいやんなさい」って言ってコッチもイライラしてストレス溜まっちゃうから、「だったらとりあえず寝てて」って。寝ることは誰も苦じゃないから。

その言葉いいですね。寝ることは誰も苦じゃない。

1番いいですよね。マット敷いて「寝てて」。私も全然ストレス溜まらないし、そうゆう意味でね。体操して「こうだよ!こうだよ!手が曲がってるじゃん!」とかってゆうのは嫌なんだよね、やってくれないから。「やったよ!」って言っていい加減にやってるのを見てるとね。自分はもう「やんなきゃ!」って子供と大人との違いなのかもしれないけど。子供なんかやっぱり嫌なんだよね、めんどくさいから、そこまではって考えないから。マットの無い間は体操教えてもらってもスゴイ苦で「一緒にやろうよ!」って言っても、なんか横でやってても「なんだかなぁ。」みたいな。「ほら、もっとやってちゃんと!背中背中!」とか言いながらやってたんだけど、それもコッチもストレス溜まってきちゃって、毎日毎晩一緒にやってたんだけど、でも嫌がっちゃうんだよ。「あとで!」とかさ。私はもう怖くて「やらなきゃ!やらなきゃ!」って言って「あんな姿勢には戻りたくないから。」と思って、ずっとマットがない時は息子とやってたんだけど、それもコッチも苦になって「いいや!じゃぁやんないなら。」って。そしたら「寝るだけで違うんだよ。」って「え??」って思って。

寝るだけで違うんだよ、なんてものがあるとは思わなかったってことですか??

そうそう。絶対体操するか、自分で意識してるしか、整体に通うしかないと思ってた。週に1回づつ何ヶ月か通ったけど、結局キレイになって、ちゃんとしたカラダになって帰って、また1週間たつと「戻ってましたね。」って話を何回も何回も聞いてて、「やっぱ体操しないとダメなのかな?」って思ってたら「実はね・・」って話になって。「寝てるだけでいいんだよ。」とか言われて「え??」とか思って、「寝てるだけなら・・」

そうですよね。特に男の子とか、思春期とかはそうですかね。

そういう点では、寝てるだけでカラダも楽になって、姿勢も変わってくるんだったら、私もストレス溜まらないし。

それも大きいですよね??お母さんのストレスっていうのも。

大きい。すごい気になっちゃうから。体操して整体こないと、この子は真っ直ぐなっていかない子なんだ。とか、無理なんだな疲れもとれないし。最初の頃は思ってたから。
そうするとやっぱり、そんな通ってもいられないし、結局諦めなきゃいけないどっかで。
毎週毎週通える状態でもないし、色んな面で。時間もかかるし。それも大変だしと思って。

最初に期待したのは、寝てるだけで姿勢が良くなって、疲れが取れるんじゃないかって期待があったと思うんですけど、寝たことによって達成できた感はありますか??

そうですね。疲れが変わってきてるのは確かに言葉では(息子の)わかってきてるから。
でも姿勢のほうはね、やっぱりね、どうしても意識しないとダラってなっちゃう。仕方ないんだけどね、ダラってなっちゃう時はまだあるんだけどね。

パッと見は前とは違います??

違いますね。前がひどかったからね。
そのへんは長い目で見て、意識をし始めるかな?って自分でね。
でも疲れとか風邪ひかなくなったとか、そうゆうのはありがたいなと思って。こないだも物凄い疲れて帰ってきて。筋肉痛の話を自分からし始めて、一緒に寝てた時に「あれ?」って言うんだよ。「なに??」って言ったら「すげー筋肉痛だったけど、なくなっちゃったんだけど。」って。「それは年寄りの証拠よ。」って私が。「明日明後日あたりに出てくるとジジイ?若者はすぐでるって言うけどどうするの?」とか言ったら、「え・・・」とか言って。「どうだった?」って言ったら「出てないまだ。」って2日目にも。「いいじゃん!」って言って。その後も聞いたら、「なくなってるよ。」とか言って。筋肉痛がない。

それはサッカーで??

そうそう。「やっべーすっげー筋肉痛だ。」とか言ってて、そしたら次の朝「筋肉痛がなくなっちゃったんだけどさ~。」とか言って。
「じゃぁ明日明後日だとついに親父?」とか言って。
あたしもちょっと気になってたので、「どう?」って聞いたら「ない。」って。

スゴイですね。いっぱい出てきますね。

わかんないんだけどね。でも変わったのってマットしかないからね。

本人は別にそれを意識してる訳じゃない?

全然。マットに息子しかねてないから、「今日1に日寝かして!」って言うと嫌がる。
変わってって言うとね。

そう。「お母さんの布団で今日は寝て。」って言うと「ダメ!」とかたくなに言われる。「じゃぁ一緒にそっちでいい?」ってもっとだめ。「添い寝はどうでしょう?」って。「え・・」とか言われる。「お母さんも疲れてんだよ。寝かしてくれよ。」とか言って。

そ~う。良さはスゴイ体感はしてるという事ですね??

そうですね。だからそれは譲れないみたいな。そのへんはちょっと笑っちゃうんだけどね。そこは譲れない。やっぱり気持ちいいんだろうね。

そうでしょうね。最初は痛かったのにね。忘れちゃってるんですよねきっと。

そう。だからほんと最初買って、私なんかは痛かったんだよね。でもイメージとしては最初から「すごーい!」って晴れやかになると思っちゃったの。「もう明日はパラダイスかもしれないね。」とか言って寝ちゃったから。だけど「なにこの痛み・・この重いもの・・痛い痛い!」とか言って。「なんだったんだろう・・」とか思ったけど、「でもこれは良い証拠なんだよね!」とか言って。

スゴイですね。出る方と出ない方と中にはいますけど、それ1週間ぐらいで収まって良かったですよね。
もしこれを使ってなかったら、今はどうなっていたと思いますか??

去年と同じ生活だったら、風邪もひいてたと思うし、インフルエンザにもかかってたんじゃないかな?風邪はひいてた、免疫力もさがってきてるし。部活もどうだったかな?続けていけたのかな?っていうのもね。疲れた疲れたって言って。やっぱり栄養剤とかね、子供用の飲ましてても、結局は疲れたって。気休めでしかないんだけどね。親の送り出す時の。「コレ飲んでけば1日元気でいられるよ!」って。

そうか~。お守りみたいな感じで飲ませるみたいな。

そうそうそうそう。本人も「うん。」っていうかんじでね、飲んでったりはしてたから、小学校の時から。

小学校のときから栄養剤を??

子供用のね。「コレ飲んで頑張ってきな!」って言って、「大丈夫だから」って言ってたけどね。でもやっぱり違うんだろうね。
ビックリですよあたしも。

世の中にマットをまだ知らない方がいっぱい居ますが、どうゆう方が使ったらいいんじゃないかな?と思いますか??

子供に悩んでる方。私も使ってこの歳で使い始めたのは良かったんだけど、知ったのも。やっぱ子供の方が早めに知っておけば、私のこの何十年間チャラになるわけじゃないから。

それはほんとそうですね。

子供がね、息子みたいに「疲れた」とか「姿勢が悪い」とか体調もね。「なんでなんだろう?」っていう人。「なんでうちの子は・・」「なにがいけないんだろう?」って悩んでる人。わからない。私もわからなかったから。「この子はなんでそんなに疲れてるんだろう?」「何が原因なんだろう?」っていう、そういう人ですよね。「なんなんだろう?」ってわからない人。この子の疲れとか、体力の無さとかね。弱さ、カラダの。「なんでだろう?特に病気でもないのに。」
「なんでなんだろう?」って悩んでる親御さん。なんか病気を抱えてるとかはもちろんアレだけど、そうじゃなくて、「なんでやる気がないんだろう?」とか「なんでいつも疲れちゃってるの?」みたいな子とか、「なんでなんだろう?」って人は特にいいかもしれない。

けっこういるんですかね?そうゆう子供って。聞いたことあります?

疲れる子はいるんじゃないかな?それがでも私も当たり前だと思っちゃってたから。
「あれだけ頑張ってきたら疲れるよね。」って。それが当たり前、そうなんだなって思いこんじゃってたから、「大変だったんだね。」とか・・。でもそうじゃなかったんだって、ちゃんとカラダの中にあったんだねって信号は。でもそれ見えないから、外傷とかだったらわかるんだけど。どっか怪我してきましただったら、「あ~ここだね。」って言って終わるけど、わかんないんですよね。その子がなんで疲れていたのかとか。そうゆう点が、悩んじゃってるとか、そういう人(お母さんとか)是非試してもらいたい。息子がそこまでなったからね。ほんとに「そうゆうもんなんだ。」「この子はそうゆう子なんだ。」と思っちゃってたから。行って行って、休んで休んでみたいな。

なるほどね。

じゃぁもう1個聞いていいですか?値段が普通の日用品買うのに比べたらスゴイ高いじゃないですか。それはどう思いましたか?

整体に毎週通わなきゃならないって思うんだったら安いかなって。

そうゆう比較はされたってことですね?

うん。月1回か2回は来なきゃならないって思うんだったら、計算して・・
でもそれを一生続けていけないので。この子にねって。いつかは嫌になっちゃう。私も嫌になる。毎週毎週。それこそ今はまだ中学生だから、一緒に来れたりもするし、時間の都合つけてくれたりするけど、こっちに。
でもそれが一生つづく・・整体やったら元気になりました。またダメになりました。2週間たってまた整体行きます。もうだめじゃん。こっちももうストレスだし。月に1万円前後かかっちゃう。そう思うんだったら、長い目で2~3年で支払終わるんだったら、月整体に2回通ってるんだっていって払ってけば全然苦じゃない。

なるほど。払うべきものを「モノ」にかけてるというかんじ?それが終わると自分の財産になる。

そうそう。そうゆう点では時間もとられないし、こっちに(整体院に)来なきゃいけないっていう。で、やっぱりちょっと不安になったら2~3か月に1回でも診てもらって、「ココはこうだね。」って。だから安心して帰ってこれるし。そのくらいのペースで通えるんだったらまだいいけど、月に2回3回通ってるんじゃぁね・・ちょっとね・・っていうのはありますよね。1万整体に・・ごめんね。

いえいえ。私もそうですから。主婦ですから。

ちょっと出せないよね。これから他のにもお金かかってくるからね・・だったら寝てなさいって。

そうですね。文句は言わないしね。

それこそ整体だと1日で終わっちゃう。マットは毎日だから。毎日そこで寝てられるんだから。8時間以上は。それを思えばもう・・

そうですよね金額に換算したら・・そうですよね。ココで(整体院で)8時間寝たら4万円ぐらいになりますからね。そうですよね。

そうやって考えるとね。そうゆう点でもスゴイ悩んだんだけど、ほんとに安い買い物じゃないから「どうしようかな・・整体・・う~ん・・。」って。目先の金額を見ちゃうと、買える!買えない!ってなちゃうんだけど、通う事考えちゃうと、月1万だったらローン組めちゃうかなってのがあったし。マットに寝てたいからねって。

それがありきの金額だったかんじですかね?

うんうん。
私も他の人に勧めたいんですよ。すんごい勧めたいんだけど、何千円の世界じゃないから、やっぱりやってみてもらって分からないと勧めにくい金額なんだよね。

そうですよね。

そう。「いんだよ!いんだよ!」って言ってあげてるんだけど、「寝てるだけでもスゴイ違うんだよ」って言うんだけど、やっぱり金額聞くと「う~ん・・」っていうのは事実だし、自分が逆にその立場だったら「え、無理無理!絶対無理!」って思っちゃうんで。
それがスゴイ残念。
ほんとに1回来てみてね、「いんだよそれ」って言って、それでだめだったら、合わなければ合わないでいいからって言って。みんながみんな合うわけじゃないからって言って。ってまぁ言ってたんだけどね。

そっかそっか。わかりました。そうゆうお話を聞いたのも初めてでした。残念って思っていただけるなんて。

うん。そうそう。なんて言うんだろう・・色んなサプリメントでも「コレいいから飲んでみて!」とか言われてもやっぱり金額聞くと高いから。「やっぱり無理だよ。続けていけないから。」って。続けていけないと効果がない訳じゃんね。1回は義理で買っても。「じゃぁ1回だけね。」って。でも結局その時は「いいかな?」って思うんだけど、金額的なものもあるから「絶対良くなんなきゃ!」って自分のなかで。「絶対良くなるんだぞ!」みたいな。でも結局次のステップにいかないじゃんね。「またこれ買うのはなぁ・・」って。

そうか。続けるっていうこともkeyなんだ。

そう。ってかそうゆうものは、消化しちゃうものはなくなっちゃうじゃないですか。そうゆうもので一時元気になっても、ダメなんだよね。よくダイエットの薬とか、脂肪を取りますとか言って、ちょっと調子のって買っちゃったんだけど、なんかその時は「いいのかな?」と思ったけど全然続けてけない自分がいたりとか。「ダメじゃん」みたいな。結局続けてかないと、そういうものは。続けてって効果があると。やっぱり大変なんだよね。なくなってしまうものに対しては。

でも払い終われば物も残ってるってことですもんね?

モノが残らないものじゃないと、やっぱ続けてけないんじゃないかな~自分はね。


そうですね。色んな視点を教えて頂きましてありがとうございます。




愛用者の声


pagetop.pngpagetop.png