健康体操 下半身太り、むくみ解消

002.png

t53.png

健康体操【下半身太り、むくみ解消】


最近、「骨盤ダイエット」が流行しています。
骨盤がゆがんでいると、下半身の血液やリンパ液の循環が悪くなって、新陳代謝が悪くなります。また、体の一個一個の細胞から出た老廃物がたまり、排出されないため、下半身太りやむくみという状態を引き起こします。



t59.png

photo008.png


ステップ1: 腰骨からグー(握りこぶし)一個分下の場所をゴムバンドを巻き、固定する。
ステップ2: 回しやすい方から50回まわす。上半身は動かないように、腰だけで回すように意識する。
ステップ3: 反対方向は倍の100回まわす。



※ 腰を「右・左・前・後」と動いていくように回すことを意識してください。
※ 人はみな、回しやすい方からまわす習性にあります。腰のひねれをとるため、反対は倍まわしてください。
※ ゴムバンドを巻かない場合は効果が変わってきます。


ちなみに「太っている」という状態が問題ないのであれば、よし…というわけではありません。
循環が悪く、体の外に排出されるべきものが排出されないわけですから、体には負担がかかります。
何度も使った揚げ油が体中に残っているのと同じですから、疲れの原因にもなります。骨盤のゆがみも、筋肉のくせによって起こります。足を組む、横すわりするなどの習慣もやめていくことをお薦めします。


簡単なゆがみ直し体操といえば、やはり、腰回しになるのではないでしょうか。


pagetop.pngpagetop.png