健康体操 手足のしびれ

002.png

t53.png

健康体操【手足のしびれ】


手足のしびれは症状の変遷として、神経圧迫→痛み→しびれ→麻痺→動かない と言われています。



t58.png


手足のしびれは神経圧迫されただけでは、痛みはでません。

それが長く続くと痛みが出ます。そして、痛みを放っておくと、しびれがきます。

それから、麻痺→動かない…へと変遷していきます。



慢性的なしびれがあるということは、体のどこかに神経圧迫があります。

手がしびれていたら、「手の神経が圧迫されているか?」と思うかもしれません。

でも、その原因は手ではないことが多いです。



手の神経はどこからきていますか?

逆の道をたどると肩を戻って首、そして頭へともどりますね。脳梗塞の症状にも手足のしびれがありますが、ここではそれ以外の神経の圧迫によるしびれについてお話します。



首の骨が歪んでいたり、肩が前方に入ってしまっていると、手につながる神経が圧迫されている可能性があります。その神経は首から出ています。足のしびれも、足自体よりも腰の辺りの神経が圧迫されているとしびれが出ます。



このしびれをとっていくためには、簡単なストレッチでは間に合いません。

しびれの原因が神経の圧迫、骨格のゆがみにあるとしたら、全体的な歪み直しが必要になります。前述したように、時間をかけて知らないうちにつくられた神経圧迫をとっていくのですから、時間が必要になる場合が多いです。



ただ、決してあきらめるタイプの症状ではありませんので、あきらめる必要はありません。

体操に関しては、個別にご相談下さい。


pagetop.pngpagetop.png