健康体操 猫背と下腹ポッコリ解消

002.png

t53.png

健康体操【猫背と下腹ポッコリ解消】


体全体はやせているのに、下腹だけポッコリでていることに悩んでいる方へ。



t60.png

photo009.png


ステップ1: 椅子に浅く腰掛け、背筋を伸ばす。
ステップ2: お尻をキュと突き出す感じで、腰をそらせます。
ステップ3: そらした腰を元に戻し、今度は腰を丸めるようにおへそのところをへこませます。
ステップ4: ステップ1→4を10回繰り返す。


※ この体操は食事で椅子についたとき、仕事の合間などいつでもできます。
※ 腰に意識して行うので、筋肉強化にもなります。
※ この体操は食事で椅子についたとき、仕事の合間などいつでもできます。



t61.png

体全体はやせているのに、下腹だけポッコリでているのは、ほとんどの場合、姿勢の問題です。
骨盤が通常よりも、寝ている状態になっています。骨盤は腸骨と仙骨という骨からできています。腸を収めるための丼(腸骨)が立てかけてある位の位置が理想ですが、寝てしまっているのでポッコリでてしまうのです。


この場合、猫背も併発する場合が多いです。見た目の姿勢の良し悪しの問題だけでなく、内蔵の機能にも影響してくるので、すっきりさせることをお薦めします。



t62.png

猫背は格好が悪いから、「まっすぐしなさい」と母親達は子供に注意するでしょう。
猫背は年寄りに見えるから、治したいという方もいらっしゃるでしょう。確かに見かけによくないと思われるのが一般的ですね。しかし、猫背はそれだけの問題ではないんです。


実は、猫背ということは、背骨の中を通っている神経を伸ばしていることです。
神経を伸ばしているわけですから、神経の伝達も正常には行われにくいです。
もちろん筋肉も伸ばしていますから、背中もコリます。猫背矯正バンドなるものがありますが、単体で使うととても疲れます。猫背は背中だけのことと考えてはだめなのです。


下腹ポッコリのところでお話しましたが、骨盤が寝ている(後ろに傾いている)と、上半身は後ろに倒れます。
それでは立っていられないので、背中を曲げているのです。また、パソコンやゲームなど、顔が肩より前に出がちな姿勢が多い方は、重たい頭だけ前にでると、つんのめってしまいます。そこで、背中を曲げて調整しているのです。


また、柔らかい寝具を使用していると、臓器がたっぷり入った胸の部分は寝具の中にどっぷり落ち込むため、猫背の形が寝ながらにして作られます。猫背予防には、骨盤をしっかり立たせることが重要です。


pagetop.pngpagetop.png